11月 30

ikeda_nov30_wikimediacommonsLocated on Sugarloaf point in New South Wales, Australia, this lighthouse is also called Seal Rocks Lighthouse, because it warns ships of the dangerous Seal Rocks rock formation to the south. Built in the 1870s, it’s an unusual lighthouse because the stairs are on the outside.

オーストラリア・ニューサウスウェールズのシュガーローフポイントにあるこの灯台はシールロックスという危険な岩があることをを船に知らせてくれることからシールロックスライトハウスとも呼ばれています。1870年代に作られたこの灯台は、階段が外についている珍しい灯台です。

Tagged with:
11月 25

hv45fghsongClassroom Tip

This song from Happy Valley Phonics Book 1, Unit 3, introduces vocabulary that begins with the f, g, and h sounds. Put the flashcards on the ground and ask the students, What does Filly want? Have them say or touch the words that starts with the same sound. As they improve, put the letters f, g, h on the ground and say a word. Students touch the beginning letter. Let students be teacher and say the words for their classmates to say. See if they know other words that start with those sounds. Bring in some other objects that start with the same sounds; if students know the words, see if they can match it to one of the sounds. If they don’t know what something is, have them ask What is it? or What are they? After you provide the answer, see if they can match to one of the sounds.

 

教室でのヒント

フォニックスブック1のユニット3に出てくるこの歌は、f, g, h の音から始まるボキャブラリーを紹介します。フラッシュカードを床に広げて、「What does Filly want?」と尋ねましょう。そして生徒に同じ音で始まる言葉を言う、もしくはタッチさせます。上達してきたら、f, g, h の文字が書かれたカードを床に置いて、先生が単語を言います。生徒はその単語の最初の文字が書かれたカードにタッチします。次は生徒が先生役になって、単語を言ってもらいましょう。同じ音で始まる別の単語を知ってるかチェックしてみてください。また、その音で始まる物を持ってきてもらいましょう。その単語を知っているなら、音とマッチさせてみましょう。わからない様なら What is it? や What are they? と尋ねて、答えを伝えた後に音とマッチさせてみましょう。

 

At Home Tip

This song from Happy Valley Phonics Book 1, Unit 3, introduces vocabulary that begins with the f, g, and h sounds. Use gestures for the words and do them as you sing along. Then, find other things in your house that begin with the same sounds. Do you have a flower, fan, game, (pack or piece of) gum, heart and hat? Say the sound of the letters and touch the objects that start with the same sound.

 

お家でのヒント

フォニックスブック1のユニット3に出てくるこの歌は、f, g, h の音から始まるボキャブラリーを紹介します。一緒に歌いながら単語を表すジェスチャーをしましょう。お家の中で同じ音で始まるものを探しましょう。お花、扇風機、ゲーム、ガム、ハート、帽子はあるかな?その音で始まるものに触って文字の音を言いましょう。

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
11月 16

ikeda_nov16“None of the cats are awake.”
“None of the cats is awake.”

When “none” refers to a countable noun, you can use either “are” or “is”. “Is” might seem more correct, because “none” comes from “not one”: “Not one of the cats is awake.” However, it seems natural that if any cats were awake, more than one cat would be awake. So “None of the cats are awake” is very natural for native English speakers.

「猫は一匹も起きていない」

Noneは数える名詞を指しているときはisでもareでも使えます。Noneはもともとnot oneだったのでisのほうが正しいと考えられます。ですが、3匹以上のグループで一匹が起きていたら2匹以上起きていてもおかしくはないと感じます。ですので、ネイティブスピーカーのほとんどにNone of the cats are awakeと言ってもとても自然に感じられるのです。

Tagged with:
11月 11

hv44cdesongClassroom Tip

This song from Happy Valley Phonics Book 1, Unit 2, introduces vocabulary that begin with the c, d, and e sounds. Use gestures for the words and do them as you sing along. Put the flashcards on the ground and ask the students, What does Cally want? Have them say or touch the words that starts with the same sound. As they improve, put the letters c, d, e on the ground and say a word. Students touch the beginning letter. Let students be teacher and say the words for their classmates to say. See if they know other words that start with those sounds.

教室でのヒント

フォニックスブック1、ユニット2のこの歌は c, d, e の音から始まるボキャブラリーを紹介しています。一緒に歌いながら言葉を表すジェスチャーをしましょう。フラッシュカードを床に置いて、「What does Cally want?」と尋ねます。同じ音で始まる単語を言う、またはその文字が書かれたカードにタッチしましょう。上達してきたら、c, d, e の文字のカードを床に置いて単語を言います。生徒が最初の文字のカードをタッチします。生徒に先生になってもらい、単語を言ってもらいましょう。生徒たちが同じ音で始まる他の単語を知っているか見てみましょう。

At Home Tip

This song from Happy Valley Phonics Book 1, Unit 2, introduces vocabulary that begin with the c, d, and e sounds. Use gestures for the words and do them as you sing along. Then, find other things in your house that begin with the same sounds: cap, desk, end table, etc.

お家でのヒント

フォニックスブック1、ユニット2のこの歌はc, d, e の音から始まるボキャブラリーを紹介します。一緒に歌いながら言葉を表すジェスチャーをしましょう。お家の中で同じ音で始まるものを探してみましょう。例えばcap, desk, end tableなどなど。

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
11月 09

ikeda_nov9Bath is the name of a town in southwest England. It’s known for natural hot springs and 18th-century architecture and its local honey-colored rock. The Romans built baths here around 2000 years ago, giving the town its name. It’s popular with tourists not only for the hot springs and spas but for its cultural and historical sites.

Bathと聞くと「お風呂」とも思えますが、イングランド南西部にある町です。自然の温泉、18世紀の建物、近くでとれるハチミツ色の石で有名です。2000年くらい前にローマ人がここで温泉を作ったことが町の名前の由来でしょう。温泉とスパだけではなく、歴史と文化のある場所として観光客に人気です。

Tagged with:
11月 02

ikeda_nov2“None of the fruit is rotten.”
“None of the ice cream is chocolate.”

“Fruit” and “ice cream” are non-count nouns, so when “none” refers to these things, it must be used with “is” and not “are”.

We can say, “None of the apples are rotten,” because apples are countable. But non-count nouns like fruit are treated as singular nouns.

「フルーツはどれも腐っていない」
「ここにあるアイスクリームにはチョコ味がない」

「Fruit」と「ice cream」は不可算名詞なので、これらに対して「none」を使う時は「are」ではなく「is」が続きます。

「リンゴはどれも腐っていない」という時に「are」が使えるのはリンゴが可算名詞だからです。不可算名詞は必ず単数扱いします。

Tagged with:
10月 28

hv43phonicssoundsClassroom Tip

This song, from Happy Valley Phonics Book 1, isolates the letter sounds to a slow tempo, repeating three times so students can hear it twice and then try it on their own. For this one, you can have students watch the video and then, open their books and point to the letters as they chant. This will give it a physical element. Encourage students to tap the letters on the beat. It is a good song to use after the Phonanimals Song but encourages more letter recognition. You could also do this first and then do the Phonanimals song, but with just the letter Flashcards (FC) displayed, if you feel students are ready to move away from always seeing the Phonanimals. As students become more and more comfortable with this song, let a volunteer be teacher, pointing to the FC lined up on the board.

 

教室でのヒント

ハッピーバレー フォニックスブック1のこの歌では、ゆっくりしたテンポでアルファベットの各文字の「音」を聴きます。3回繰り返されますので、2回聴いてから自分で歌ってみましょう。動画を見た後は、本を開けてチャントしながら文字を指さしましょう。この歌は体を動かして使うこともできますよ。ビートに合わせて文字を指でタップします。Phonanimals Songの後に使うと良いでしょう。この歌は文字を区別する練習をより多く含んでいます。フォナニマルズにあまり頼らなくてもいいと感じるなら、この歌を先に聴いてから文字のフラッシュカードを使ってPhonanimals songを聴きます。生徒がこの歌に慣れてきたら、生徒を先生役にしてフラッシュカードを指さしてもらいましょう。

 

At Home Tip

This song, from Happy Valley Phonics Book 1, isolates the letter sounds to a slow tempo, repeating three times so children can hear it twice and then try it on their own. Do this with your child after the Phonanimals Song. Find an a-z lowercase letter chart and tap the letters as they are heard.

 

お家でのヒント

ハッピーバレー フォニックスブック1のこの歌では、ゆっくりしたテンポでアルファベットの各文字の「音」を聴きます。3回繰り返されますので、2回聴いてから自分で歌ってみましょう。。Phonanimals Songの後に使うと良いでしょう。小文字で書かれたアルファベットのチャートなどを用意し、聴こえる文字を指でタップしましょう。

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
10月 26

ikeda_oct26This island in the English Channel provides beautiful natural scenery and is a great place for many sports including sailing, rock climbing, diving and kayaking. Sights to see include museums, castles and lighthouses. You can see sculptures carved into the rock face and King Henry VIII’s Portland Castle. Visit Trinity Lighthouse and see migratory birds.

イギリス海峡にあるポートランド島には美しい自然の景色や、セーリング、ロッククライミング、ダイビング、カヤックなどたくさんのスポーツが楽しめる場所があります。観光のみどころは博物館、城、灯台です。岩に掘られた石像、ヘンリー8世のポートランド城、トリニティー灯台に飛んでくる渡り鳥を見ることができます。

Tagged with:
10月 19

ikeda_oct19Manchester is a popular travel destination in England, the third-most visited city in the UK. Visitors can see canals that used to transport cloth, coal, and other things, but are now chiefly used for recreation. There are also museums ranging from art, science and history to football (soccer to Americans).

イングランドのマンチェスターはイギリスで3番目に人気のある旅行先です。近頃は主に娯楽向けで使われていますが、昔は布、石炭などを運ぶのに活用された運河があります。美術、科学、歴史からサッカーに至るまで、様々なことを紹介する博物館もあります。

Tagged with:
10月 14

hv42restaurantchantClassroom Tip

This chant from Happy Valley Student Book 2, Unit 4, introduces more foods (in Happy Valley 1 we learned some fruit and snack food vocabulary). Do the chant and then repeat it doing the gestures. After, make a menu like in the Storytime page! On the paper draw rectangles as big as the student cards. Then hand out the student cards. Ask for different vocabulary and have students place them on the paper (wherever is fine, it doesn’t have to be just like on the page). When students are ready, they can then pretend to be the customer ordering from the menu. Use the dialogue I’m hungry/thirsty. What do you want? I want …, please. Give them what they asked for, saying Here you are. Thank you. As students become confident, try stepping back and letting students do it together.

 

教室でのヒント

スチューデントブック2、ユニット4のこのチャントは新しい食べ物の単語を紹介します(ハッピーバレー1でもフルーツとおやつの単語を学びました)。チャントをやってからもう一度ジェスチャーをまじえてチャントします。その後はストーリータイムのページと同じようにメニューを作ります!紙にスチューデントカードと同じ大きさ四角を描きます。そしてスチューデントカードを配ります。生徒にボキャブラリーをたずねて、答えたら紙にそのカードをおきます(どんな風に置いても大丈夫。スチューデントブックと全く同じ様にする必要はありません)。準備ができたら、メニューから注文するふりをします。「I’m hungry/thirsty」「What do you want?」「I want…, please」のダイアログを使います。注文されたものを「Here you are」「Thank you」と言って渡します。自信がついてきたら、生徒同士でやりましょう。

 

At Home Tip

This chant from Happy Valley Student Book 2, Unit 4, introduces more foods (in Happy Valley 1 they learned some fruit and snack food vocabulary). Do the chant and then repeat it doing the gestures. After, make a menu with these foods. Use pictures cut from magazines or draw them. Then, use the menu to order food. Use the dialogue I’m hungry/thirsty. What do you want? I want …, please. During meals, ask your child what they want in English and encourage them to answer in English.

 

お家でのヒント

スチューデントブック2、ユニット4のこのチャントは新しい食べ物の単語を紹介します(ハッピーバレー1でもフルーツとおやつの単語を学びました)。チャントをやってからもう一度ジェスチャーをまじえてチャントします。その後はストーリータイムのページと同じようにメニューを作ります!雑誌から写真を切り取ったり自分で絵を描いたりしましょう。そしてメニューを使って食べ物を注文します。「I’m hungry/thirsty」「What do you want?」「I want…, please」のダイアログを使います。食事のときに英語で何が欲しいかを質問し、英語で答えるよう促しましょう。

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: